新着情報

T.O様 インナーチャイルドセラピー体験談

※ブログからの転載です

セラピー後、クライアントのT.O様から頂いたメールの一部を、ご本人様のご快諾の上、ご紹介いたします。
T.O様、どうもありがとうございました。
T.O様とは、4年ぶりの再会でした。その4年間に、T.O様の人生には様々なプラスの大きな変化や出来事があったことを、私は感慨深く、うれしく、お聞きしました。

一生を送るうちには、自分ひとりではうまく乗り越えられないことも起こりますし、同じ場所を堂々巡りしてなかなか前へ進めず苦しい時もあるものです。そんな時に、「そう言えば、あのセラピストがいたっけ」と思い出してもらえるのは、セラピストとしてはとても幸せなことです。
セラピールームには、数年前のかつてのクライアント様からのメールやお手紙も届きます。セラピストとしての存在意義はどこにあるかと聞かれたら、セラピー後に生まれておそらく一生に渡って続くであろうクライアント様との絆にこそあるのかもしれません。

4年前の初回セラピーは前世療法をさせて頂きましたが、今回は、インナーチャイルドセラピーをさせて頂きました。

<T.O様 インナーチャイルドセラピー体験談>
 
先日は、本当にありがとうございました。
久しぶりにお会いできましたこと、本当に嬉しかったです。
そして、変わらずに、セッションを続けていてくださったことに、ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。

自分で気付いていくことは、誰かに何かを言われるよりも大きな原動力になることを実感いたしました。

※(言えなかったことを言えたり行動できたりして、ご自分でも驚いた出来事を綴ってくださいましたが、プライバシーの問題があるため、割愛させて頂きました: 常世・注)

言いたくても言えない。 不安でも言えない。それが自分のずっとずっと前からの課題でした。

子供の時に戻って、不安な気持ちを思い出し、表現し、癒していけたことで、
自分に対する自己肯定感がでてきたことにより、不安や恐れから解放されたのかな‥と 感じました。

どれだけ、小さな頃の経験が、大きく影響を与えているのか
いろいろな兼ね合いの中、自分の価値を作り出して小さくなってしまっている自分がいることを発見できて
本当に良かったです。
いろいろな気付きもありましたが、自分を更に知ることで、もっと生きやすい私らしく生きたいと思いました。

※(次回のセラピーへとつながる内容のため、これ以降は割愛させて頂きました: 常世・注)

〔長野県〕