WHAT IS 'HYPNOTHERAPY'

ヒプノセラピーとは

  • ヒプノセラピー = 催眠療法です。

    ヒプノセラピーには、前世療法インナーチャイルド療法胎児期退行等の退行催眠療法全般と、ハイヤーセルフ(高次の自己)誘導法暗示等の種類があります。

    潜在意識という目に見えない世界を扱う特殊性からか、怪しげなスピリチュアル世界とも混同されがちな一面を持つ一方、その特殊さゆえにヒプノセラピーでしか成し得ないことも多くあります。わずか数時間という短時間のうちに、それまでの人生観を根底から変えてしまうほどのパワーがあるのです。人間の可能性を100%信じているセラピーとも言えるでしょう。

    ヒプノセラピーは心理療法(サイコセラピー)のひとつです。特徴は、ご存じの通り、”催眠“を用いる点です。当然ながら、万能ではありません。例えば、統合失調症や(中枢神経系のどこかの機能不全が推測される)自閉症、家族を治療単位とする場合等は適していないと私は考えています。

    私たちの意識の約9割は潜在意識だと言われています。日常生活に必要な意志力・論理的能力・知性等が組み込まれているのは、残り1割の部分です。この部分は、よく氷山の一角に例えられます。

    言い方を変えると、潜在意識というのは、日常生活では使われていない部分です。ですが、潜在意識には、胎児期の情報を含む実に様々な情報が、ぎっしりと詰まっています。ふだん、私たちは、この情報を自由に閲覧することができません。潜在意識にフタをした状態で暮らしているからです。

    催眠とは、そのフタを一時的にゆるめてあげる作業です。すると、潜在意識にアクセスできる状態が生み出されます。ヒプノセラピーとは、つまり、潜在意識に働きかけをしていくセラピーのことなのです。

  • 当セラピールームへお越しになる方の多くは、「生まれて初めてヒプノセラピーを受ける」という方々です。ご紹介で見える方も、「あの感覚は受けてみないとわからない。とてもことばでは表現できない」と言われてくるものですから、例外なく、「自分は催眠に入れるのか」「催眠状態とは、どんな感じなのか」という二大不安と期待を抱いています。これについては、セラピー当日に詳しくご説明しております。前世療法に関していうと、スムーズに前世へと戻っていくためにはちょっとしたコツがあるのですが、これも当日ご説明しております。

    残念なことに、テレビで放映される催眠ショーは、催眠に対する認識を大きく歪ませています。催眠術師は人をあたかも意のままに操っているように見えますが、催眠には人の意志をコントロールする力などありません。どんなに深い催眠状態でも、人は自分の意志に反する言動をとることはないのです。自分が許容できるものを許容しているというだけのことです。

    催眠状態は、眠っている状態でもなく、他人に支配されてしまう状態でもありません。覚醒状態と同じく、自分の言いたいことを言えますし、体も動かすことができます。クライアント様がご自分を見失うことは決してありません

TYPES OF 'HYPNOTHERAPY'

ヒプノセラピーの種類


ヒプノセラピーは、クライアント様の状況に応じて変幻自在です。

どのセラピーも、自分を見失いそうなとき、苦しみや悲しみに溺れそうなとき、自信をなくしてしまったとき、あなたを助けてくれるはずです。

どのようなセラピーであっても、そこにトラウマがあるときには、トラウマ解放のためのセラピーを同時に行っていきます。ヒプノセラピーの神髄はそこにあるのです。

前世療法

PAST LIFE THERAPY


訪れたことのない土地、現在とは性別の異なる自分、想像もしなかった暮らし、そして、死の瞬間。さらに魂になって死んだあとの世界へ。

別の時代に生きていた自分に会いに行くヒプノセラピーです。

私は必ずクライアント様にこんなふうに問いかけます。「今悩んでいることや知りたいことがあったら、教えてください」と。
せっかく前世療法をするのですから、単に前世に行くだけではなく、前世の自分からメッセージやアドバイスを受けとっていってほしいからです。

催眠状態というのは、周囲の状況も自分でしゃべったことも、すべて知覚しています。催眠から醒めてもしっかり覚えています。そうした中で、クライアント様はご自分の言葉で現在の自分に対してアドバイスをしていくのです。ほかの誰から言われるのでもないこうした自分自身へのアドバイスは、クライアント様がその後の人生を生きるための大きな力と支えになります。これが、前世療法をする大きな意義のひとつだと私は思っています。

もうひとつの意義は、”死”を疑似体験できることです。人生の終わりの場面へ誘導していくと、人によっては、まれにですが肉体的苦痛が蘇る場合があります。心臓病やてんかんやぜんそくの方に催眠をご遠慮いただいているのは、そうした苦痛が持病の発作の引き金になる可能性があるからです。

しかし、それは魂が肉体から抜けるという誘導によって嘘のようになくなります。死を前もって疑似体験できるのは、まさにヒプノセラピーならでは、といえるでしょう。その体験は、死の恐怖からの解放につながります。それは、とりもなおさず、現在生きている意味を再確認し、実感することでもあるのです。

前世療法を通して、ご自分の才能の可能性や生きる目的を知ることが可能です。特にそうしたご希望をお持ちの方には、3回程度のセッションをおすすめいたします。ですが、一回一回が不思議で強烈な体験として心身に刻まれるため、その体験を完全に消化吸収できるまでは次のセッションに取りかかるべきではないでしょう。できれば、一ヶ月以上の間隔を置いて臨まれるのが理想です。

前世療法においては、思いもよらぬスピリチュアルで不思議な世界へと引き込まれていくこともあります。その場合は、クライアント様のいけるところまで、魂の高みへ高みへと、お供して参ります。

前世療法は、ご自分を巡る冒険の旅です。どうぞ楽しみにしていらしてください。

インナーチャイルド・トラウマ解放

INNERCHILED THERAPY / RELEASE FROM THE TRAUMA


幼かった頃の自分を覚えていますか。どんなことが好きで、どんなことに傷つき、もがき、苦しかったのか。忘れたふりをしてきた子供のころの辛い出来事。大人になって、様々な辛さや苦しさを覚えるとき、とても大切になってくるセラピーです。

子供時代の出来事は、あなたが想像しているよりもはるかに大きく、深く、現在のあなたに影響を及ぼしています。インナーチャイルドとトラウマはしばしば一体となっています。

誰でも、辛かったことや苦しかったことを思い出したくはありません。きつくフタをして心の奥底へ閉じ込め、忘れてしまいたいと願います。そして普段はその希望通りに平和な日常を送ることができています。

しかし、ふとした出来事がきっかけで、自分でも何が原因だかわからない体の不調に襲われることがあります。病院へ行っても、原因が見当たらない、と言われます。そのときクライアント様のお話を伺うと、ご自身の精神面にも周りの状況にも大きな変化が起こっている場合がほとんどです。そうした状況変化が引き金になって、ずっと昔に閉じ込めていたはずの苦しみ・悲しみ・怒りの感情が呼び覚まされ、体に痛みなどのサインが現れてくることもあるのです。

心理的には、とにかく重苦しい状態が続きます。催眠に誘導してみると、何十年も前の出来事へ還ってゆくことも珍しくありません。その場合は、インナーチャイルドセラピーに入っていきます。前世と思われる出来事までさかのぼるケースでは、前世療法へ入っていきます。子供時代ではない人生のどこかの地点にさかのぼる場合は、そこに焦点を当ててトラウマ解放のセラピーへ入っていきます。胎児期に戻ることもあります。

セッション回数は、人によって様々です。心身の苦しみや痛みがなくなったとき、あるいは、それをご自分でマネージメントできる自信が持てたとき、がセッション終了の時期です。これは、クライアント様がご自分でわかります。セラピストが回数を決めるものではないと私は考えています。

死別・ペットロスのためのグリーフセラピー

GRIEF THERAPY FOR BEREAVEMENT OR PET LOSS


愛する人や動物との死別を経験した方のためのセラピーです。その悲しみが心身にどれほどの衝撃を与えるものなのか、死別の辛さを越えていくことがどれほど苦しいことかを、私自身も体験しました。

亡くなった愛するものの魂に会いに行くためのヒプノセラピーです。

※ルートシステムでは、以下の方のご予約はお受けしておりません。ご了承のほどお願い申し上げます。

  • 統合失調症で通院中の方や通院歴のある方・・ヒプノセラピーはかえって逆効果となる可能性があるため
  • てんかん・ぜんそく・心臓病の持病のある方・・感情の高ぶりによる発作の可能性があるため
  • 現在妊娠中の方・・感情の高ぶりによる悪影響を防ぐため

FLOW OF 'HYPNOTHERAPY'

ヒプノセラピーの流れ

初回のセラピーは、カウンセリング~ヒプノ~カウンセリングという流れをたどり、全部で約4時間かかります。状況によってはのびる場合もありますので(延長料金はかかりません)、時間的な余裕を持っていらしてください。

STEP 1 ・・・ご予約〜準備期間
ご予約をお受けしてからセラピー当日までの間に、クライアント様とメールのやり取りを数回いたします。
 
クライアント様からのメールには、セラピーへのご希望や、ご自分の置かれている状況・悩んでいること・苦しんでいることが、簡単に、あるいは詳しく書かれています。それを基にして、私はセッションのおおよその計画を立ててゆきます。
 
前世療法、インナーチャイルド、トラウマ解放、グリーフセラピー等の催眠の種類の枠すべてを取り払う形で、セラピーを展開していくこともあります。
 
どのようなセラピーにしていくべきかをメールの内容から読みとり、組み立ててゆくわけですが、セラピー当日に伺うお話の方が大切ですので、そちらを優先しております。予約を入れたときからクライアント様の内外で、それまで滞っていた物事が動き始めることがあり、状況ががらりと変わることもあるからです。
STEP 2 ・・・セラピー当日 カウンセリング
セラピールームにお越し頂きます。
 
ハーブティの中からお好きなものをお選びください。それを飲みながら、低くBGMの流れる部屋でのカウンセリングが始まります。
 
治療のゴールなどを話し合いながら決めていきます。
  
■セラピー室
STEP 3 ・・・ヒプノセラピーのご説明
ヒプノ(催眠)について詳しい説明をいたします。
 
初回からヒプノ(催眠)へ誘導いたします。ヒプノ前のご説明・カウンセリングの時間は約1時間~1時間30分かかります。

STEP 4 ・・・ヒプノセラピーの施術
ヒプノセラピーを開始いたします。
 
実際に催眠に入っている時間(ヒプノセラピー施療中)は約2時間強ですが、のびる場合もあります。
STEP 5 ・・・アフターカウンセリング〜セラピー終了
セラピー終了。お疲れ様でした。
 
ハーブティ(セラピー直後は、珈琲・紅茶・緑茶といったものは体が受けつけないものです)とお菓子をお出しします。それをいただきながら、アフターケアのカウンセリングをいたします。
 
終了時のカウンセリングの時間も、とても大切です。セラピー後におきてくると予想される変化なども、お話しております。

セラピーの一回一回が、あなたにとって、深い気づきや感動を感じられるものになりますように
APPLY FOR THERAPY

お申し込み・お問い合わせ

ヒプノセラピーのお申し込みはこちらのフォームをご利用ください。お名前、ご住所、メールアドレス、ご連絡先お電話番号、セラピーを受けようと思った動機・理由、セラピーご希望日時をお伺いしております。また、そのほかのお問い合わせもこちらから受付しております。
ご予約前の重要確認事項(ご予約をお受けできないケース)

  • 統合失調症で通院中の方や通院歴のある方には、ヒプノセラピーはかえって逆効果となるため、ご予約をお受けしておりません。
  • てんかん・ぜんそく・心臓病の持病のある方は、感情の高ぶりによる発作の可能性があるため、ご予約をお受けしておりません。
  • 現在妊娠中の方も、ご予約をお受けしておりません。

上記のことをご確認の上、ご予約くださいますようお願い申し上げます。

※受信メールアドレスにスマホや携帯電話のアドレスを指定された場合は、受信設定がPCメールも受け取ることができるようになっているかどうか、ご確認をお願いいたします。そうでないと、セラピールームからの返信が届きません・・・。

個人情報保護方針

送信前にチェックをお願い致します。